楽天ポイントラボ

楽天ポイント取得のカラクリが難解すぎて理解できない自分のために備忘録的に綴っているブログです。目指せ楽天ポイントマスター

楽天ポイント現金化計画 その1

楽天ポイントも貯まってきたので、ポイントの換金化をそろそろ検討していきたいと思う。

 

楽天ポイントに限らず、ポイントは「1POINT=1円」の価値にすることが重要である。

そんなの当たり前じゃん!と思っている人も多いが、実際は、1円の価値で使用できないことが多く、しかも有効期限があったりと、無駄なポイント利用を促すトラップがたくさんあったりする。

 

とにかく、重要なのは、ポイントを、現金同様に使いたいときに使うことのできる自由なお金に換えることである。

 

さて、今回は第1回目なので、初歩的なことを確認する。

 

まず、楽天ペイや楽天ポイントを使用できる店舗で使う。

これは一番良い使い方である。1ポイント=1円で使用できる。

しかし、期間限定ポイントの期限に迫られて、無駄な消費をしてしまうことも否めない。

よって、タイミング良く、どうしても実店舗で購入せざるを得ない買い物がある場合は有効であるが、そうではない場合、ポイントの無駄な放出になるので控えたい。

 

次に、正真正銘の現金化であるが、やはり頭に思い浮かぶのは商品券への交換である。

では、楽天市場で商品券を検索してみよう。

 

なんと...

 

 

 

1社しかない...

 

もうこれは、何かを大きな陰謀というか表社会では言えないことが隠れているとしか言いようがないが、楽天市場での商品券の販売は、商品券販売センターという一店舗に絞っている。

 

なぜ、一店舗だけということが重要なのか?

それは、お買い物マラソンの存在である。

お買い物マラソンで、商品券を販売する店舗が10店舗あった場合、ポイントが9倍付与されるので、商品券の購入自体でポイント利用をしたとしても、それは適用される。

 

(参考) 楽天市場FAQ

Qポイントを使ったお買い物も、買いまわりの対象になりますか?
A買いまわりの対象になります。
1,000円以上(税込)のご注文の場合は一部、または全額をポイント利用にてお買い物されても1ショップとしてカウントされます。
また、下記のようにお支払いの一部をポイント利用した場合、ポイント利用前の金額がキャンペーンの対象になります。
 
買い回りでポイント9倍の付与がなされれば、他の消費の購入にあわせて、商品券の購入価格1100円の100円部分を相殺できるという目論見であったが、商品券販売センターしか商品券が売ってないのであれば、残念ながら実現できない。
 
続く。